2017年10月17日火曜日

第40回 早川縦断駅伝大会

平成29年10月15日(日)
第40回 早川縦断駅伝大会がありました。
8:00開会式
9:00上早川地区公民館近くの「音坂」バス停から
下早川地区公民館方向へスタート
東中学校から湯川内集落間の県道を7区に分けた
全長23.4㎞の駅伝コースです。
今回は、上早川地区公民館がスタートゴールでした。

という事で開会式から閉会式まで、
撮ろうとはりきっていたのですが…。
あ~!!8時過ぎてる…。
予報は雨なのに降ってなくてよかったね。と思いながら会場へ…
式は来賓祝辞まで進んでいて、選手宣誓。
ユーモラスな宣誓を聞き、何とか1枚パチリ。


上早川からの参加チームに話を聞こう
ということで
探して…いたいた。



ゼッケン№4の「ダブルチェンジーズ」さん
お聞きした代表は
「優勝するために(私が)出場しないで監督になったよ。」


ゼッケン№3の「焼肉ゆがわら」さん
優勝ですか~?
「いや~無理無理。」と控えめに


ゼッケン№1と№2の「STF」さん
選手はウオームアップに…
代表がいたので
「好きだから毎年、参加しているんだ。走らないけど選手に激を飛ばすんだ。」と話していました。

チームスタート地点へ移動…。
あれ!
雨がぽつっと!
傘いるねと、ちょっと離れて止めた車へ
戻って
あ~~!点呼がほぼ終わってる(''_'')

スタートは、うまく撮ろう…
動画にしようか写真にしようか…
結果はYouTubeにアップした通りです(^-^;

スタートの後は待つしかないようで
戻ってくる選手を「越」の中継地点で
待とうと移動。
それにしても45分は待つのか…。
雨がちょっと盛んに…。

中継地点は、県道走る車がいっぱい。
一年で一番交通量が多いのです。(^-^;

トップの中学生がたすきリレー
そして、次々とリレー
写真撮ったけど、どれも似たようなショット。((+_+))

と!
電池ありません。
などとメッセージが…。
スマホではたくさん撮ったり動画するとダメですね…。

充電しながらゴール地点へ

トップ選手のゴール撮れず…。
何とか少し回復したバッテリーで
「ダブルチェンジーズ」アンカーのゴールを撮り

次は、閉会式。
会場へ移動。
完全にバッテリーが無くなり、
予備のカメラで結果が張り出されていたのでパチリ

小さくて見えないですね(^-^;
閉会式撮ろうとなかへ、玄関は靴がいっぱい!

時間は12:00を過ぎていて
次の予定があったので撮影は断念( 一一)

見るには、寒い一日でした。
選手の皆さん、運営スタッフさん
お疲れ様でした。

動画アップしてみました。
良かったらクリックしてみてね。
いつもながらBGMは関係ありません(^^♪















2017年10月15日日曜日

わたしのまちのたべもの


「わたしのまちのたべもの」
と題されたイベントが
10/15()13:00
市農林水産業振興協議会の主催で
焼山の里にて
開催されました。

糸魚川産の食材の
消費拡大と地産地消の推進を目的とし
『ギブミーベジタブル』
という手法を参考に
生産者と料理人の
コミュニケーションをとるイベントでした。


『ギブミーベジタブル』とは、
入場料やアーティストの出演料が
「野菜」の自給自足型で
野菜と音楽が入り乱れる
新しいタイプのライブイベントです。
お客さんが入場料として
持って来た野菜を、
その場で料理人が即興で料理し、
無料で提供します。
残った野菜は
出演者、スタッフ、関係者全員で
出演料や報酬として分け合う
音楽イベントです。


今回は、音楽は無く、
食のイベントとして行われ、
28の企業や個人の参加がありました。
料理スタッフ13名で
調理室にて
参加費用として持込まれた野菜が
即興で調理されていきました。

参加費の食材
最初は、
主催者から挨拶があり、
次に
ギブミーベジタルの考案者である
池田義文さん、
“南風食堂”の三原寛子さん
池田さん、三原さん
に加え、
“地層食堂”で活動の稲見朋子さん
稲見さん
を迎え
「地域と食の関わり」を
テーマに講演がありました。

講演が終わるころに
料理中!
料理スタッフから調理された
料理が次々と運ばれ、

参加者はそれぞれ置かれた料理を
皿にとり口に運んでいました。

参加者の自己紹介
自分が作った食材が、
いつもと違う料理にされ
どのように思われたのでしょうか。

最後に
料理スタッフの紹介と料理の説明があり、
料理スタッフからの説明
上早川でスタッフとして参加した人は、
「勉強になった。家でも料理してみたい。」
と話していました。

取材名目で伺った私もおいしく頂き、
お腹一杯になりました。
食材作りや料理を作れることは、
出来ない私にとっては
羨ましいばかりでした。
そして、
これを機に、
上早川の食材や
糸魚川の食材が
いろんなところで食べられるように
なったらいいですね。
()

2017年10月10日火曜日

【ほこんたけ通信】発行しました。[hokontake No.42]

ほこんたけ通信を発行しました。
と書いていたら
号数が合わない、合わない…。
ってなことで第41号を公開し忘れていました(^-^;
第42号と併せて公開します。
今回は完全に忘れていました。
まだ、○○症には早いのですが…。

電子版はこちらから↓
20171010号_ほこんたけ通信(クリック♪)

↓このブログの全体(最新から一覧)はこちらから
ほこんたけ通信過去分(全部)


みなさん!ご意見、ご要望、ご提案を是非お聞かせくださいね~(^^)

事務局:上早川地区公民館内
025-559-2002
kamiko@bz04.plala.or.jp
~上早川地区 地域づくりプラン実行委員会 情報発信班より~

2017年10月9日月曜日

早川谷「寿」プロジェクトレター ~"WASHOKU(和食)"プロジェクト活動~ (KOTOBUKI Project) [No.09]

ミュラーさんより
親愛なる読者様
9月21日から23日にかけて、東京ビッグサイトで毎年開催される「Travel Mart 2017」※で、糸魚川の活動を促進する機会を得ました。海外からの約450人の旅行代理店と、外国観光客を呼び込もうとしている私たちのような旅行業者、約500人が会う機会がありました。非常に大規模な旅行プロモーションイベントでした。 Itoigawa UNESCO Global GeoParkで提供するツアープログラムのプロモーションのために、スイス、ドイツ、フランス、オランダ、スペイン、カナダ、米国から来られた26人の旅行代理店を訪れました。彼らは私たちのユニークな旅先、内容に興味をもってくれました。来年には多くの外国人観光客が糸魚川を訪れると期待できます。
写真は、スイスの旅行代理店、トーマス・ケーラーさん(左)です。彼は2010年から糸魚川に観光客を案内しています。2011年には日本中をを歩いたりもしています。JNTO代表のマツヤマさん(真ん中)も私たちの糸魚川、早川での活動に注意を向けています。
美しい早川渓谷にもっと多くの観光客を案内し、そこに住む素敵なみなさんと出会ってもらうことを楽しみにしています。


1 JNTOJapan National Tourism Organization)が主催。


サロメさんより
みなさん、こんにちは。
ミュラーさんは、6か月間のWASHOKUプログラムの活動をしています。このプログラムには、東京の料理教室や、京都や糸魚川の宇治への往復旅行など、いくつかの興味深い季節の活動がが含まれ、大変特徴ある日本の食文化に深くかかわるチャンス、機会を提供します。
私はこのWASHOKUプログラムのウェブサイトを作成する担当もしています。ミュラーさんとこのプログラムに参加することは本当に楽しいことです。私はいくつか持っているアイデアを是非取り入れたいです。。しかし私はここでの経験が多くなく、これは難しい挑戦でもあります。みなさまからのご好意や応援に応えられるよう、がんばります。よろしくお願いします。


WASHOKUプログラムの素敵なパンフレット(英語)はこちらから!